- 粗大ごみはどうやって捨てる?

粗大ごみはどうやって捨てる?

粗大ごみを業者に頼んで捨てるという事だけ考えると、捨てる物を選んで業者に回収してもらうだけ、という風に考えられますよね。
しかしいざ大きなゴミを処分するとなると、物事はそう簡単にはいかなくなります。
大型のゴミを捨てる時に一番困る問題が運搬や分類であり、思った以上に大変な作業になるのです。

引っ越しの時はどんな作業が必要になる?

もしも引っ越しで大きなゴミを一括処分する場合、物を出す作業もそうですが荷造りなど色々やらなきゃいけない作業が出てきます。
また、家電が含まれていると家電リサイクル法に該当する物、リサイクルに回せる物、買い取り出来そうな物など色々な種類に分かれます。
こうなったらゴミを一つずつ「捨てる」、「リサイクル」、「売る」、「自治体に持っていく」という風に分類しなくてはいけないので相当骨が折れます。
そしてピアノと本棚、ベッド、テーブル、ソファーなど大型の物を一度に捨てると、それだけでトラックがいっぱいになってしまいます。
そうなると大型の2トントラックを呼んだりしなくてはいけない状況になり、それなりの出費になる事が予想されます。

引っ越しに特化したサービス

つまり引っ越しなどで大型のゴミを捨てる時に大変なのは、荷造りなどの細々とした作業、捨てられる物とそうでない物などの分類、そして高額な料金です。
これらのデメリットや手間を解消するためには、引っ越しに特化したサービスを受け持つ業者を不用品回収業者一覧から選ぶ事をオススメします。
そのような業者はゴミを様々なジャンルで的確に分類し、ゴミを捨てるべき場所に持ち込んでくれます。
また、自治体に頼まないと捨てられない物も分類してくれて、自治体への依頼までも対応してくれるので大変便利です。
更にリサイクルや買い取りの分類も可能な業者があり、そういう所は料金から買い取り額を差し引いてくれるので予算の問題も解消出来ます。

大型ゴミや引っ越しに特化している業者を選ぶ

大型ゴミを家から運びだすと、今回説明した作業以外にも清掃などやらなきゃいけない事は沢山あります。
しかし大型ゴミや引っ越しに特化した業者なら、分類、清掃、市への持ち込みなどなんでもやってくれます。
ゴミの分類や自治体への依頼は本当に手間になるので、これを業者が代行してくれるというのはとても有り難いサービスです。
また、買い取りも出来る業者なら予算をスマートにしつつ、大きなゴミを手間なく捨てられるのでとっても助かるはず。
もし大きなゴミを一斉に処分するなら、こうした大型ゴミや引っ越しに特化した業者を選択しましょう。

新着情報

◆2015/07/29
分類とサイズについての情報を更新しました。
◆2015/07/29
粗大ごみ受付センターについての情報を更新しました。
◆2015/07/29
粗大ごみを捨てる時の注意点の情報を更新しました。
◆2015/07/29
粗大ごみはどうやって捨てる?の情報を更新しました。
◆2015/07/29
処分を業者に頼む時の追加料金についての情報を更新しました。